ホスピタリティ - 「パズドラ」にみるホスピタリティ

長く提供する難しさを攻略する事にホスピタリティがある。



RPGとパズルゲームを融合したオンラインゲーム、パズル&ドラゴンこと「パズドラ」。



ガンホーオンラインエンターテイメントが提供するスマホやタブレット向けゲームですね。



今、1100万ダウンロード越えみたいです。



「なぜ『パズドラ』が売れたのか?」と、最近では話題になっていますが、社長である森下氏は必ず“運”だと答えているのです。



もちろん理屈はないとは思いますが、そこには森下氏の本心があります。



それは「長く遊べるゲームではなくて、長くサービスを提供するホスピタリティ」。



オンラインゲーム業界では、長く遊べる方法ばかりを議論し、一定期間が過ぎたら急にアップデートが止まってしまうという特徴があるみたいです。



100%おもしろいゲームを作ると言うのは当たり前で、長く革新的なサービスを開発し続けることで、お客様にホスピタリティを示すという事。



これは本当に、様々な業界で言えることだと思うんです。



ドラマなんかでも、少し視聴率が悪いからと打ち切りにしてしまったり、それこそスマートフォンのアプリなんかは、急にサービスの提供が終わりますなんてことがありますよね。



長くサービスを提供するという、当たり前の事なんですが、ここが難しくて、提供するという事がホスピタリティなんですね。


Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策