幻の日本一は一夜城!やっちく松山藩

日本一を探す旅。

 

各地にある日本一を目指して旅しています。

 

今日紹介するのは、「幻」です(笑)

 

戦国時代当時も驚かれた一夜城

 

今は無きお城がよみがえるのです。

 

日本一の幻の一夜城 - 大隈の国やっちく松屋藩』

 

Desktop516.jpg

 

鹿児島県志布志市で、毎年開催されているお祭りの中で、幻の一夜城が建つのです。

 

平重頼が築城した松山城。

 

今はないのですが、松山地区の若者独自のアイディアで作り上げる秋まつりです。

 

松山町の基幹産業である、農業。

 

こだわりの野菜やサムライ鍋、焼酎や甘酒などの大盤振る舞います。

 

別名「只まつり」と言われるほど。

 

やっちくサスケ、からくり忍者屋敷など子ども広場も充実しており、子どもから大人まで一日中楽しむことができます。

 

「やっちく」というのは、

 

野菜と畜産のまちであることから=野菜畜産→やっちく

後世に残してやりとげる=やいちく→やっちく

町内9団体、心を一つにやっていこう!→やっちく

むらおこし戦国時代を生き残る!やっつける!→やっちく

 

志布志市松山町内では、この「やっちく」を合言葉に、そしてブランドに様々な施設や商品に名付けられています。

 

そんな「やっちく」を合言葉にしたお祭りの期間中にしか観ることができない「幻の一夜城」。

 

ベニヤ板を数百枚組み合わせ、

 

高さ22.2メートル

幅23.6メートル

 

日本一の大きさ。

 

ホント、驚くことに何もなかった城跡にお城が出来上がるのです。

 

とは言え、必ずしも一夜で出来るものではなく、ある程度期間をかけてしっかりと作られます。

 

なので安全性も確保!

 

今年は、

 

平成28年11月12日(土) 前夜祭   

平成28年11月13日(日) 本祭

 

参加型のイベントもあり、県内外から5万人もの人出がある、ビッグイベントです!

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策