日本一の龍神は信州にあり!色々大変なお祭り

日本一を探す旅。

 

夏と言えばお祭りです!

 

日本一お祭りに出会う機会も多くありますね。

 

今年は最近一か月に5つの台風と、少々天気が荒れていますが、日本のお祭りってそおゆう意味ではたくましく、関係ありません!

 

日本一龍神 - 御代田龍神祭り』

 

Desktop496.jpg

 

毎年7月に開催される「信州御代田 龍神祭り」。

 

50人もの担ぎ手によって舞う龍神が、日本各地にある龍神の中で最も大きい龍です。

 

全長45m

胴回り約1m

胴回り最大3.3m

 

水の中に参道の階段と、担ぐ方も大変な龍神様。

 

暑い夏を熱く盛り上げてくれます。

 

古刹真楽寺に伝わる「甲賀三郎伝説」をモチーフにしたお祭りで、太鼓の響きと共に舞う姿が描かれています。

 

メインとなるのは、龍神「甲賀三郎」。

 

太鼓や爆竹の音が響き渡る中、勇壮に舞う「龍神の舞」が見ものです。

 

また、全長30m、で女性が担ぐ「舞姫」

子どもたちが担ぐ「雪窓丸」と「龍神丸」

 

と、4頭の龍が存在して、共演するステージは圧巻です。

 

実は平成10年に開催された長野オリンピック冬季大会のユースキャンプや、長野パラリンピック冬季競技大会の閉会式などに出演しているんです。

 

すでに世界にその姿を披露しているのです。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策