スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いっきり「洋」に浸る、オルガンに耳を河口湖で

日本一を探す旅。

 

日本各地に点在する日本一を巡ります。

 

今回は今訪れる人が急増している町、山梨県河口湖町からです。

 

もちろん、その多くの人の目的は日本一の山、富士山なのですが、こんな所にもぜひ足を運んでいただきたい日本一があるんです。

 

世界的にも有名な博物館です!

 

日本一大きなダンスオルガン - 河口湖オルゴールの森

 

Desktop490.jpg

 

世界的にもオルゴールの聖地として知られる、河口湖オルゴールの森

 

展示されているオルゴールは、世界の宝とも言えるような品々もあります。

 

そんな中、ひと際目を引くのが「ダンスオルガン」。

 

かつては、ダンスホールで奏でられていたことから「ダンスオルガン」と呼ばれる、大型のオルガン

 

他にも、タイタニック号に乗る予定だったオーケストリオンも展示しています。

 

このダンスオルガン

 

1920年制

幅13m

高さ5m

奥行20m

 

管弦楽器の音色を醸し出す約800本のパイプと、打楽器が数種類組み込まれており、数十名編成の楽団に匹敵する演奏を行います!

 

ドイツ モティエ社のオルガンを1999年に修復されました。

 

そうです。

 

これだけ大きなオルガンです。

 

移動できるものではない、備え付けオルガンであるわけですよ。

 

実は、この建物は、オルガンの為に設計がされデザインがされているんです。

 

建物にオルガンがあるんじゃない!

オルガンの為に建物があり、建てたんです!

 

両側の壁の人形43体が音楽に合わせて動きます。

 

外の庭園からは、富士山が。

 

思いっきり洋を楽しむには、もってこいの場所ですね。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策