実際はドコ?世界最大鉄道ジオラマは「原」!

日本各地の日本一を巡る旅。

 

日本の一番を探す旅です。

 

こうやって日本一を探していると

 

「日本(世界)最大“級”」

 

なんて銘打っているところはたくさんあります。

 

一番「なのかな?」と、紛らわしいものです。

 

その一つが鉄道ジオラマ

 

ここでハッキリしましょう!

 

『日本最大の鉄道ジオラマ - 原鉄道模型博物館

 

Desktop489.jpg

 

「“日本一”“鉄道ジオラマ”」と検索するといくつか出てきます。

 

今回は純粋に広さを比べてみました。

 

すると圧倒的に大きなジオラマが!

 

原鉄道模型博物館

 

横浜市西区の横浜三井ビルディングに、2012年7月10日オープンした博物館。

 

世界的な模型製作者で収集家の原信太郎が約80年をかけて築いた鉄道模型のコレクションを展示しています。

 

その中の、1番ゲージ(線路幅45ミリ)のジオラマ「いちばんテツモパーク」が、

 

面積約310平方メートル

総延長450メートル

 

通常は線路から集電して走る模型が多いのですが、ここで使われているのは、本物の鉄道の様に、架線から集電する方式が採用されています。

 

一時期、「機関車トーマス」が走っているとして、テレビにも取り上げられましたね。

 

また一部模型には小型カメラが付いていて、本物の運転台をコントローラーに運転体験ができるんです。

 

自分が模型の運転席に座って運転しているような体験ができます。

 

もちろんジオラマだけではありません。

 

世界中の鉄道に関する展示がされていて、中には世界で唯一ここでしかお目にかかれないお宝も!

 

鉄道ファンではない方でも、とても貴重な体験ができるのではないでしょうか?

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策