短冊を空高く!日本一高い入間川七夕祭りの竹飾り

全国各地の日本一を探す旅。

 

日本一を探しながら旅をしてみると、意外なところと出会えるかもしれません。

 

今日は7月7日。

 

七夕です。

 

考えてみると、七夕の日に開催される七夕祭りって、意外と少ないんですよね。

 

今日紹介するのは、日本一のある七夕祭り

 

「日本三大七夕祭り」が有名ですが、ここにも、日本一のお祭りがあるのです!

 

日本一高い七夕竹飾り - 入間川七夕まつり』

 

Desktop468.jpg

 

関東三大七夕まつりの一つ、「狭山市入間川七夕祭り」です。

 

毎年8月第一土曜日・日曜日に開催されます。

 

実はこのお祭り、約150年前の江戸時代中期に始まったとされて、仙台七夕祭りに次いで歴史があるのです。

 

西武新宿線の「狭山市駅」、市民広場から七夕通り商店街までの約1.5kmを中心に、約150本の七夕飾りで彩られます。

 

そんな中で一番高くそびえたつのが「日本一高い竹飾り」。

 

昨年の2015年のお祭りで、

 

高さ20m10cm

 

竹飾りが狭山青年会議所主催で芝生スペースに飾られました。

 

竹飾りが飾られる家庭の減少や、地域活動者の高齢化を振り払う意味で企画されました。

 

作成には市民約2200名が参加。

 

使用した

 

花紙7000個

短冊2000枚

 

来場者による短冊の願い書きと飾り付けを募集し、見事、日本一の竹飾りが飾られました。

 

もちろん、他にもお祭り会場では多数の露店が並び、「民踊流し」や「阿波踊り」「鼓笛隊パレード」「祭囃子」が。

 

まつり広場ではダンスや和太鼓などのステージが実施されます。

 

また土曜日の夜には「納涼花火大会」も同時に開催。

 

約1500発の花火が入間川河川敷に打ち上げられます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策