日本三大七夕、7月7日は関係ないの?仙台・平塚・そして・・・

七夕

今年も早いもので七夕の季節がやってきました。

 

例年よりも速いペースで、各地猛暑日がやってきています。

 

お天気はどうなるでしょうか??

 

ちなみに去年、2015年は全国的に曇りで、一部で星空を見れたかどうかという天気でした。

 

ところで、七夕ということで気になる「七夕祭り」ですが、当日である7月7日に開催されるお祭りは少ない思いませんか?

 

日本三大七夕祭り」で知られる有名な七夕祭りも、実際に7月7日に行われるお祭りはありません。

 

ここには、旧暦と新暦の違いが影響しているんですね。

 

ご存知七夕は元々中国の行事で、日本には奈良時代に伝わったとされています。

 

元からあった「たなばた」は『古事記』にも詠まれているほど古いもので、「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説と合わさって生まれたものと言われます。

 

そのため、旧暦7月7日であるのが元々です。

 

新暦の現代と比べると約1か月のずれ。

 

旧暦の7月7日は、現在の8月頃に当たるのです。

 

また、現代の7月7日は、日本の多くが梅雨の時期になっています。

 

確かに毎年「見れるかな?」と話題になりますよね。

 

現代の7月7日では、「雨」のリスクを負いながらお祭りをすることにもなります。

 

そこで、日本全国で開催されている七夕祭りの多くは、旧暦の7月7日、現代の8月頃に開催されるものが多くなっているわけです。

 

と、言うことで、これから続々と各地で準備が始まる七夕祭り。

 

日本三大七夕祭り

 

すべて言えますか?

 

今回はそんな3つのお祭りと、そんな3つに入ろうかという勢いの+1のお祭りをご紹介します。

 

 

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり

例年200万人以上が訪れる、日本最大規模のお祭りです。

 

旧仙台藩内で七夕にちなんで毎年行われてきたお祭りで、古くから親しまれてきているのです。

 

江戸時代初期、伊達政宗が文化向上の目的で推奨し、それ以来盛んな年中行事となりました。

 

仙台七夕の特徴は「七つの飾り」。

 

短冊‐学問や書の上達

紙衣‐病や災いの身代わり、裁縫の上達

折鶴‐長寿

巾着‐富貴と貯蓄、商売繁盛

投網‐豊漁

くずかご‐飾り付けを作るとき出た裁ち屑・紙屑を入れる。清潔と倹約を願う。

吹き流し‐織姫の織り糸を象徴する。

 

特に吹き流しが印象的な仙台七夕のお飾りですね。

 

約3000本の七夕飾りが、メイン会場である「一番街」「中央通り」のアーケード街を彩ります。

 

また、「仙台七夕花火祭」も同時に開催されるので、合わせて花火鑑賞もしちゃいましょう!

 

毎年8月6日~8日に開催。

 

2016年の今年は6日が土曜日、8日が月曜日と、週末にかかるので、大盛況間違いなしですね。

 

混雑間違いないので、行かれる方は十分に注意していらしてください!

仙台七夕まつり
伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕「仙台七夕まつり」の公式サイトです。イベント情報や七夕飾りの作り方など仙台七夕まつりの観光に役立つ情報が満載。
湘南ひらつか七夕まつり

仙台七夕まつりを模範として1951年に始まった「平塚七夕まつり」。

 

回数を重ねるごとに、その規模が拡大していき、1957年の第7回大会から当時の市長である戸川氏の方針により、平塚市の主催で開催されるようになりました。

 

現在は、平塚商工会議所も合同で組織されている、実行委員会が実施しています。

 

こちらのお祭りは、毎年開催日が変わり、

 

7月第一金曜日から3日間と予定されています。

 

以前までは、7月7日と土日を挟んだ数日間とされていたのですが、年によっては4日間の開催となるので、3日間と定め、現在7日に被らない年も出るようになりました。

 

やはり梅雨の時期ともあって、雨に見舞われる年が多く、実際に2015年大会は雨天。

 

観客動員数上、問題視する動きもあるのだそうです。

 

その特徴は日本一とも言われる豪華な装飾。

 

メイン会場である「湘南スターモール」は500本の飾りが通りを埋め尽くします。

 

いつからか、有名人やスポーツ選手のイラストや名前が飾られるようになり、現在の七夕祭りの見所となっています。

 

実は湘南ひらつか七夕まつり、毎年300万人以上の人が訪れるとあって、仙台よりも人手が多いのです。

 

やはり関東という点が大きく影響しているんですかね?

 

そのため、混雑からは逃れられず、交通規制も厳しく敷かれますので、しっかり準備してお出かけする事をお勧めします!

【公式】第66回 湘南ひらつか七夕まつり
第66回 湘南ひらつか七夕まつり 七夕飾り掲出企業募集中詳しくはこちら
安城七夕まつり

愛知県安城市で開催される「安城七夕まつり」。

 

1954年から開催されている、三大七夕祭りの中では一番新しい祭りですね。

 

七夕飾りは「竹飾り」とされ毎年1000本以上がJR安城駅周辺に飾られます。

 

特徴的なのが、七夕に飾られる「短冊」。

 

「願いごと、日本一」をコンセプトに、竹飾りのストリートが日本一長いとされています。

 

2013年には、「竹にかけられた最も多い短冊数」という世界記録を持っています。

 

また、願いごとを込めた風船を一斉に空へ飛ばす「願いごと風船」が見所です。

 

もちろん、風船は自然に分解されるものを使っています。

 

そして夜にはキャンドルに願いごとを書いた紙を巻き付けた「願いごとキャンドル」が飾られます。

 

安城七夕神社の参道には、竹灯籠が灯され、幻想的な風景が浮かび上がります。

 

毎年8月の第一金・土・日で行われています。

 

毎年120万人程の人が訪れます。

 

この七夕祭りが始まる2年前に安城市という市が誕生したともあって、「市民参加型」の町全体が盛り上がる楽しいお祭りとなっています。

安城七夕まつり公式サイト
願いごと、日本一。「安城七夕まつり」は2016年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)に開催されます。イベント情報や七夕親善大使の紹介の他、期間中は最新の模様を動画で配信します。

 

おりもの感謝祭一宮七夕まつり

一宮七夕まつり

太古より、織物の神様として、一宮市民の守り神として崇敬されている真清田神社の祭神「天火明命(あめのほあかりのみこと)」の母神「萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)」。

 

そのご加護により一宮市の織物業が発達したといわれています。

 

それに感謝と織姫にちなみ、「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」が毎年、7月の最終日曜日を最終日とする木曜日からの4日間開催されています。

 

1956年に始まった一宮七夕まつりは、市民の最大イベントとして知られるようになり、毎年130万人もの人出が。

 

日本三大七夕祭りの新勢力として称賛されています。

 

織物の特徴が活かされ、吹き流しや竹飾りが商店街を華やかに彩ります。

 

毎年「ミス七夕」と「ミス織物」が選ばれ、様々なイベントで活躍します。

一宮七夕まつり公式ウェブサイト
おりもの感謝祭一宮七夕まつりは、7月の最終日曜日をフィナーレとする木曜日からの4日間、全市をあげてくりひろげられます。

青森県の「ねぶた」や秋田県の「竿燈」なども、七夕が由来とも言われています。

 

全国各地、様々な七夕祭りがあり、それぞれ違いがあって面白いものです。

 

不定期ではありますが、日本では「全国七夕サミット」が開かれ、自治体の代表が集まって情報交換し、課題などを討議しています。

 

日本で古くから親しまれ、各地でお祭りとして市民生活に定着している七夕祭り。

 

今年はちょっと違った七夕祭りに出向いてみてはいかがですか?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策