スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の水田風景も、柔軟性をもって!新潟モデルをめざす!

全国各地の日本一を探す旅。

 

旅行に出かけると、その地独特の景色というものがあります。

 

それがその地の基幹産業ともなると、その地を知るにはもってこいですね。

 

さらに日本一ともなれば、ぜひ見ておきたくなりますね。

 

水田面積日本一 - 新潟新潟市』

 

Desktop435.jpg

 

新潟で特徴的な風景と言えば、やはり水田の広がる景色。

 

新潟のおは全国的に有名ですよね。

 

それはやはり、水田面積が日本一を誇るということでも、太鼓判です!

 

新潟市にとっては基幹産業で、切っても切れない存在。

 

しかし、どんな分野でもそうですが、時代はそう甘いものではありません。

 

日本の主食とされてきたおですが、近年では需要が下降気味。

 

減半政策が進むなど、農家を悩ませる現状は、新潟市も真剣に受け止めています。

 

また水田というのは、ダム機能を持ち合わせていることもあり、減ってしまうと直接周辺に悪影響を及ぼすものになるのです。

 

田を荒らすわけにはいかない!

の生産を続けるしかない!

 

そこで救世主が表れたのです。

 

米粉

 

実のはこの米粉、新潟県が特許を持つ「米粉の微粉化技術」なんです。

 

非常にきめ細かい粉の製造が可能で、パンや麺、パスタのほか、スイーツや料理など、利用の幅は小麦粉と同等!

 

平成20年に起こった小麦粉の価格急騰がきっかけに、米粉が代替食品として注目を集めたのは記憶に新しいのではないでしょうか?

 

国が挙げて取り組む食料自給率アップを実現するための食材として、各方面から熱い期待が寄せられています。

 

コメ作りの先進地域として、新潟県の取り組みは止まりません。

 

食用米のほか、加工用米、飼料用米、そして米粉用米などの多様な米づくりで水田を生かす「新潟モデル」の稲作農業の確立を、ひとつの目標に掲げています。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策