日本にも石油の里!実は悲鳴も?

日本各地の日本一を探す旅。

 

ゴールデンウィークも終わってしまいました。

 

今年は週の真ん中が3連休ともあって、ちょっと中途半端でしたね。

 

カレンダー通りの方は、不完全燃焼だったのではないでしょうか?

 

今日取り上げる日本一は、日本では珍しい場所。

 

短い休みでも、十分に満足できるかもしれません!

 

日本一石油生産量 - 新潟県

 

Desktop432.jpg

 

 

石油というと、中東の印象が強く、日本の場合はそのほとんどが輸入だと思われます。

 

輸入がほとんどというのは事実なのですが、実は日本でも石油が取れないというわけではありません。

 

日本の油田は、秋田県から新潟県にかけての日本海側に集中しています。

 

現在では新潟県秋田県の日本海沿岸、勇払平野などの北海道で原油が採掘されています。

 

青森県にも原油湧出地区があります。

 

石油」で知られる新潟県秋葉区では、自宅の庭から石油を含んだ水が湧き出て、住民が悲鳴を上げているというニュースもありました。

 

残念ながら不純物が多いので、石油王になるということはありませんでしたが、日本でも石油の存在が肯定されたのです。

 

しかも自己回収ということで、すべて自己負担だったそうです。

 

日本にも古くは石油の歴史があり、明治から昭和の初期ごろまでは、日本の石油王として中野貫一翁氏がいました。

 

これらの歴史をまとめた、「石油の公園」には、他にもビジターセンターや休憩ホール古代館があります。

 

なかなかコアな一面もあるので、観光客にあふれているというわけではありませんが、落ち着いて石油の世界に浸ってみると、日本の知らない一面が見られるかもしれん!

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策