スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の眼鏡が集まる、めがねの聖地さばえ

日本一を探す旅。


 


旅行でその地へ行くと、やはり気になるのがその地の名産品


 


今日は、今や世界中にその名をとどろかせる一品です。


 


日本では最近ファッションのアイテムとして、手軽に使われるようにもなりましたね。


 


『眼鏡の生産量日本一 - 福井県 鯖江市


 


Desktop424.jpg


 


漆器、繊維に並び地場産業として発達しているのがメガネフレーム。


 


全国シェア96%


世界シェアでも約20%


 


国勢調査では、第二次産業人口が過半数となる工業都市だったのですが、21世紀に入り第三次産業への転換が急速に進んでいるのです。


 


そのため就業者の6人に1人が、眼鏡産業に従事しているのです。


 


100年以上の歴史がありながら、今もなお成長・発展し続けているのがこの鯖江市のメガネ産業なのです。


 


めがねのまち さばえ”


 


をキャッチフレーズに、町づくりがされています。


 


そんな「めがねのまち」のシンボル的な“めがねミュージアム”は、赤いメガネフレームのモニュメントが印象的ですが、実は真上から見ると、建物の形もメガネなんです。


 


メガネづくりの体験もできて、世界に誇れる技術を体感することもできます。


 


他にも、近年はオープンデータを活用した"データシティ鯖江"の推進。


女子高校生視点によるまちづくりプロジェクト"鯖江市役所JK課"の設置


 


など、地域活性化に向けたモデル都市としても注目です!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策