ピアノを世界へ出世!大名の袴にも

日本一を探す


 


に出かけたら気になる、その地の一品!


 


今日は、日本一どころかシェア100%。


 


海外にも輸出している一品のご紹介になります。


 


日本が誇る名産品ですね。


 


ピアノ出荷量日本一 - 静岡県』


 


Desktop421.jpg


 


言わずも知れた、日本のピアノ


 


静岡県のピアノの生産工場は5事業所あります。


 


出荷量3万4211台


出荷額236億7700万円


 


全国唯一、シェア100%。


 


静岡県の楽器産業は、明治20年に山葉寅楠(やまは とらくす)氏が、小学校の米国製オルガンを修理したのがその発祥とされています。


 


音楽教育の必要性と楽器産業の将来性に着目し、明治22年に、山葉風琴製作所を設立


 


「風琴」と言うのは、今のオルガンですね。


 


明治33年にはピアノの国産化に成功し、今日の楽器産業の基礎が築かれました。


 


現在では浜松市を中心とした静岡県西部に多くの工場が集まり、楽器産業が盛んになっています。


 


そして作られたピアノは、アメリカ・中国・ドイツなど、世界中に富士山が見られる清水港から輸出されています。


 


オルガンの修理から始まった静岡ピアノは、今や世界のYAMAHAとなっていますね。


 


浜松市のゆるキャラ、出世大名家康くんの袴も、ピアノ柄です!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策