2016年の桜はドコで?47都道府県“桜の旅”12

ここ2,3日。



海外での桜の開花情報もテレビで報道されていますね。



ワシントンの桜は、私も実際には見たことはないのですが、素晴らしいと聞きます。



もちろん、海外では桜の下レジャーシートを敷いてお花見などという習慣はありません。



お散歩しながら桜のトンネルを楽しむというのが一般的です。



なので、日本での風景はまた格別「日本らしさ」があって、物珍しく見えるのでしょう。



余計にあの“ブルーシート”を敷く花見客が嫌な存在になりますね。。。



桜開花のニュースも、平年よりも速いペースで北上中です!



今年はどこの桜を見に行きますか?



それでは、桜の旅ラスト!パート12です!

Desktop414.jpg


岩手県 高松の池

城下町建設の為に堤を築いたことでできたのが、盛岡市の高松の池です。



高松公園が「桜の名所100選」に選ばれていて、池を囲むように桜が植えられています。



約1.4kmに渡って遊歩道が整備されているので、歩きながらの鑑賞にも適しています。



そして何よりも、晴れの日には池の後ろに姿を現す岩手山が、さらに桜を引き立て絶景です!



また「石割桜」は国指定の天然記念物。



一見の価値ありです!



「盛岡さくら祭り」が毎年高松公園を中心に開催されています。



今年は、



平成28年4月15日~5月5日まで。



期間中、夜桜見物もできるようにぼんぼりに灯がともります。



アクセスもJR盛岡駅からバスで15分と便利!



ぜひ、岩手山とのコラボレーションを狙って、計画してみてください。


青森県 弘前公園

言わずも知られた、桜の名所青森県弘前市の弘前公園。



「日本最古の桜」



が存在する公園で、平均60~80年が寿命とされるソメイヨシノが、弘前公園では、300本以上が樹齢100年以上。



多くの専門家や写真家、桜の管理技術者から



「日本一の桜の名所」



と称されているのです。



約2600本の桜が作る桜のトンネルはもちろん、散り際に濠をピンク色に染める“桜の絨毯”も見ものです。



特に桜の花は水に浸るとすぐに変色してしまうので、非常にきれいな桜の絨毯が見られるのは短期間で貴重なんです。



種類も50種類以上ともあって、しだれ桜や八重桜など、長い間桜の花を楽しむこともできます。



今年の弘前公園の桜の開花予想は4月19日。



満開はそれから1週間から10日後とされています。



もちろん桜まつりも開催しますよ!



平成28年4月23日~5月5日。



ライトアップも予定されているので、夜の日本一の桜も楽しみですね。



JR弘前駅からバスで15分です!


北海道 松前公園

松前町に構える松前城を中心に、約250種類、約1万本の桜が植えられている、



「日本最大の桜の名所」



が、松前公園です。



約22万平方メートルという敷地内に、早咲きから遅咲きまでの桜がそろっていて、約1か月間もの間桜を楽しむことができます。



また、樹齢300年以上と言われる、



光善寺の血脈桜(ケチミャクザクラ)

龍雲院の蝦夷霞桜(エゾカスミザクラ)

天神坂門の夫婦桜(メオトザクラ)



の三大名木と、とにかく見所満載!



北海道という気候も助け、日本有数の桜の名所となっています。



桜開花の時期に合わせて「弘前さくらまつり」が開催されます。



例年4月下旬からゴールデンウィークにかけて開催されますが、桜の開花状況にもよるので、今後のチェックをお忘れなく!



開通した北海道新幹線で、函館駅へ!



函館駅からバスで松前町へ行くことができます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策