スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス解消は三重のおかげ!亀山ローソク効果

日本一を探す旅。

旅行に出かけたら気になるのがその地の名産品。

日本シェアNo1も気になるところです。

今日は、もしかしたら日本人のストレス解消を担ってくれている(かもしれない)ろうそく。

アロマキャンドルなどもリラックス効果があると言われていますね。

香りだけではなく“1/f ゆらぎ”が効果的なのだとか。

そんな“ゆらぎ”を身近に感じられるのがろうそくなのです。

『ろうそく生産量日本一 - 三重県(亀山市)』

Desktop404.jpg


今話題のシャープが発売していた高級テレビ「亀山モデル」を作っていた工場がある三重県亀山市。

“カメヤマローソク”

は、ろうそくのブランド品とも言われるほどの一品ですね。

亀山市で作られているもので日本一というわけではないので、今回は三重県というご紹介をさせていただきました。

三重県で作られているろうそくは

日本シェアNo1の68.4%(平成27年)


もともとろうそくは中国から奈良時代に伝えられたとされています。

その後平安時代頃に、松脂を利用した国産ろうそくが作られました。

しばらくは、庶民にとっての贅沢品だったのです。

いわゆる「和ろうそく」。

イグサと和紙から作られる芯に、ハゼノキなどの果実からとれる木蝋を塗り重ねて成形された、植物性のろうそくなんです。

明治時代に西洋ろうそくが日本を巡りはじめ、地方隅々に行き渡ったのが明治中期とも言われています。

結構最近の話なんですね。

そんなろうそくが、現代のストレス軽減に一役かってくれている。

三重県のカメヤマローソクが、助けてくれるかもしれません!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策