贅沢から庶民まで、いわきとかまぼこ

全国各地の日本一を巡る旅。


 


お土産にも最適な特産品を探しています。


 


今日は、先日5年目の3月11日を迎えたいわき市の日本一です。


 


私のブログにも、九段会館の話をアップしましたが、まだまだ日本にとって爪跡深き災害でした。


 


それでも今年、2016年1月の推計では、いわき市が福島県内最大の都市に復活というニュースが飛び込んできました。


 


人口が郡山市を抜き、県内NO1に返り咲いたのです。


 


そんないわき市生産量日本一!


 


『かまぼこ生産量日本一 - いわき市』


 


Desktop399.jpg


 


福島県南部に位置する市で、先にも書いたように、人口が最大で県内最大の面積を持つ市となっています。


 


かまぼこというのは、そもそもは平安時代にあったとされる“ちくわ”のような魚のすり身の加工品が始まりとされています。


 


現在もそうであるように、全国各地で様々な発展を遂げ、特色をもっていますね。


 


宮城では笹かまぼこ


東京でははんぺん


焼津はなると


鹿児島のさつま揚げ


 


そして、板かまぼこはこのいわき市です。


 


いわき市の食堂では、ラーメンになるとではなく、かまぼこが乗り。


 


かまぼこ販売店のエアコンがかまぼこです。


 


いわき市にとっては、伝統産業であり、食文化でもあるんですね。


 


もちろん、東日本大震災の影響は壮絶なもので、操業できない工場もあります。


 


これまで通りというわけにはいっていません。


 


それでもいわき市では


 


“いわきとかまぼこの新しい歴史”


 


を目指し、歩み続けています!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策