スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の農業を支えた三大疏水

日本一を探す旅。


 


日本一級が3つそろう「三大○○」を特集中です。


 


古来日本を支えてきた農業。


 


海に囲まれ、水に恵まれた国でありながら、やはり地形的に水の確保に確保が必要な土地もあります。


 


それを支えてきたのが人口の水路「疏水」。


 


『日本三大疏水 - 琵琶湖疏水・安積疏水・那須疏水』


 


Desktop396.jpg


 


他の水源から水を引くことを「疏水(そすい)」と言います。


 


用水路、水路とも言われていますね。


 


農林水産省が日本の農業を支えてきた代表的な用水を「疏水百選」として選定し、2006年(平成18年)2月3日から登録されています。


 


その中でも代表的なのが「三大疏水」。


 


琵琶湖の湖水を京都市内に引いている、国の史跡にもしていされている「琵琶湖疏水」。


 


猪苗代湖より福島県郡山市とその周辺地域の安積原野に農業用水・工業用水・飲用水を供給している疏水で、水力発電にも使用される「安積疏水」。


 


栃木県北部の那須野が源水で、一部が2006年に重要文化財に指定されている、飲料・農業用水を供給する用水路「那須疏水」。


 


どれも特徴的で、生活を支えてきたものばかり。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策