江戸にお越しの際は3食決定!江戸前三大料理

日本一を探す旅。


 


日本一級が3つそろった「三大○○」をご紹介しています。


 


今日は、ある意味日本で最も有名な料理の3つになるでしょうか?


 


その中でもちょっと江戸で特徴的に発展したのが「江戸前」。


 


江戸前というと、その定義は2通り。


 


1.東京湾で取れた魚介類のこと。


2.上方に対して、江戸の流儀、やり方のこと。


 


その江戸の流儀で作られる郷土料理があります。


 


『江戸前三大料理 - 蕎麦・江戸前寿司・天ぷら』


 


Desktop393.jpg


 


これら3つの料理に関しては、全国各地に広がっているものですね。


 


ところが江戸で独自の発展が進んできたのが江戸前。


 


「江戸の流儀」によって江戸前とされているのが「蕎麦」。


 


いわゆる「粋」です!


 


1.もりを食うときは蕎麦の先だけをつゆに浸して食べる。関東のつゆは濃いめなので、ちょっと浸すことで十分!


2.口に入れたらあまり噛まずに飲みこみ、喉越しと鼻に通る香りを楽しむ。


3.大きな入れ物にたっぷりと蕎麦が入っているのは野暮。少なければ2,3枚食べる。


4.箸は割り箸。塗箸は蕎麦が滑るので好まれない。


5.酒を飲むのでなければ、さっさと食って引きあげるのが粋。


6.蕎麦を食べることを「手繰る」と言う。


 


 


江戸で取られた魚をふんだんに使った寿司が「江戸前寿司」。


 


広義になりますが、


 


「江戸で取られた魚介類を、握った寿司」


 


と、なります。


 


場所柄、港が近く生ものが比較的食べやすいこともあります。


 


中には炙ったり、火を通したものもありますね。


 


また握りに海苔を巻いた「軍艦巻き」は、銀座の九兵衛が発祥ともいわれています。


 


 


そして同じく江戸で取られた魚介類をカリッと揚げたのが「天ぷら」です。


 


もともと江戸の町で屋台によってふるまわれていた、庶民的な料理が天ぷらです。


 


今は“超”が付くほどの高級店がありますが、実は高級店の方が間違いなんですね。


 


天ぷらは大衆的な料理です。


 


とはいえ、当時はちょこっと今のものとは違って、今でいう練り物が天ぷらに当たります。


 


素材に衣をつけて揚げて食べるという手法自体は、野菜を中心にした精進料理にあるといいます。


 


現在の形になったのが、江戸時代の屋台です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策