日本三大そうめん!食べ比べが実は面白い

日本一を探す旅。



日本一級が三つそろった「三大○○」をご紹介中です。



さて、夏の風物詩「そうめん」。



なにも夏ではないといけないということはありません。



冷やして食べることが多く、あの清涼感が夏っぽいんですよね。



どうしても作る過程で、伸ばし・乾燥に適した冬に作られるのがそうめん。



そして包装して店舗に並ぶのが夏という理由もあるんです。



そんなそうめんですが、産地によって食べごたえがずいぶん違います。



その代表的なそうめん「三大そうめん」がこちらなのです。



『日本三大そうめん - 三輪そうめん・揖保乃糸・小豆島そうめん』



Desktop388.jpg






奈良県桜井市を中心とした三輪地方で生産されるのが「三輪そうめん」。



そうめん発祥の地といわれています。



塩分を少なく、細くてもコシが強い面に仕上げるために、11月~3月の寒い時期に限定して作られています。



煮崩れしにくいので、にゅうめんや炒めものといった、温かい料理に適しています。





兵庫県揖保川中流域のたつの市や揖保郡太子町、宍粟市、姫路市林田、安富地区で生産されるのが「揖保乃糸」。



現在でも機械は使わず、熟練した職人が作る、手延そうめんです。



「熟成」と「伸ばし」を繰り返し行うことで、麺が伸びにくく、なめらかな舌触りが特徴的ですね。



冷やして食べるのが最大限にその舌触りが楽しめます。



また、兵庫には「鯛そうめん」といったお祝い料理もあるんですね。





「うどん」のイメージが非常に強い香川県。



しかし小豆島では「小豆島そうめん」というブランドそうめんがあります。



最大の特徴は、めんを延ばす際、使う油にごま油を使用していることです。



そのため少し黄色がかって、風味も他とは少し異なり、弾力のあるそうめんができます。



モチモチ触感のあるそうめんで、他のそうめんとは違った一面があります。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策