スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂浜を守れ!海風から生活を守る三大松原

日本一を探す旅。



日本一とは決められずに3つそろった「三大○○」。



今日は日本の名勝にも指定されている三つの松原が舞台。



昔から浜辺では、強い風が吹き、浜からの砂も飛んできます。



それを防ぐために潮風に強い木を植え、潮風被害から生活を守ってきました。



それが今では世界遺産の構成にもなっているのです。



『三大松原 - 三保の松原・虹ノ松原・気比の松原』



Desktop378.jpg




まずはお馴染み、「三保の松原」です。



富士山が世界文化遺産に登録された際に、構成資産として同じく登録されました。



静岡県静岡市、三保半島にある景勝地です。



文化遺産に登録される前から、富士山とセットで見ることのできる浜辺では、多くの人がカメラを構えています。



それは、歌川広重の浮世絵でも描かれるほどですね!





佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に広がるのが「虹ノ松原」。



特別名勝に指定され、

日本の白砂青松100選

日本の渚百選

かおり風景100選

日本の道100選



にも選ばれている。



玄海国定公園の一部で、約4.5kmにわたって約100万本のクロマツの林が続いています。



虹ノ松原には、不思議な言い伝え「七不思議」があり、それを楽しむ人もいます。



例えば



“どこを掘っても塩水しか出ないのに、茶屋の井戸からは真水が出る”



海の海岸ですからね。なぜでしょう・・・





万葉集や日本書紀にも詠まれているのが「気比の松原」。



福井県敦賀市の若狭湾国定公園の一部である景勝地です。



1934年(昭和9年)に国の名勝に指定されています。



平均樹齢200年。



夏は海水浴場、冬は雪化粧と日本海の荒波。



日本海一と自称する花火大会では、併せて行われる灯籠流しの会場として賑わいます。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策