スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大寒波襲来!こんな時は三大ラーメンでホカホカ

日本一を探す旅。



観測史上初めて、沖縄本島でも雪が降ったそうですね。



大寒波が日本にやってきています。



各地真っ白だというニュースを見ていますが、東京は・・・



真っ青な空に、梅の花がチラホラ。。



それでも寒いですねぇ、全国各地で氷点下!



そんな時は暖かい食べ物がおいしいですね。



らーーーめーーん!



『日本三大ラーメン - 札幌ラーメン・喜多方ラーメン・博多ラーメン』



Desktop376.jpg




私も登山の際に、体を温めるアイテムとしてカップラーメンを持っていくことがあります。



寒い時のラーメン、本当においしいです!



そんなラーメンですが、ご存知、発祥は中国です。



来日以来、各地で独自の発展を遂げ、オリジナリティあふれるラーメンが日本各地にあります。



例えば、札幌ラーメン



札幌で発祥したご当地ラーメンで、「北海道遺産」として認定されています。



特徴として、バターとコーンが乗っている・・・



と、イメージが強いのですが、実は乗っていないラーメンを出す店舗もあります。



札幌ラーメンはバターとコーンが乗っているとは限らないのです。



冷めるのを防ぐために、ラードを多めに浮かべるという方が特徴となっています。



醤油・みそ・塩の3種類が王道となっています。





対人口比数が日本一を誇る店舗数があるのが喜多方ラーメン



日本一のラーメン県となっています。



福島県喜多方市で発展したラーメン。



透き通った醤油スープに、なると・チャーシュー・メンマが乗った、ザ・ラーメンのイメージが喜多方ラーメンなのです。



中華麺に近い「支那そば」が原点となっていて、町・商工会・麺業者・各店舗が力を合わせて、地域ブランドとして大切にされています。



最近では「喜多方ラーメンバーガー」の誕生も話題となって、まだまだ日本のラーメンの代表例として成長を続けています。





そして、南で発展してきたのが博多ラーメン



豚骨スープと細麺をベースとした、こってりラーメンの代表的なラーメンですね。



具は非常にシンプルに、ネギとチャーシュー、トッピングに紅ショウガです。



店舗によって、キクラゲやもやし、博多名物・辛子高菜などをトッピングしています。



また、屋台での発展がベースにあり、麺の伸びが早い特徴もあるため、麺の量を少なめに設定、「替え玉」文化が発展しています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策