スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼこぼこ広場!羊じゃないよ、カルスト地形

日本一を探す旅。



日本一を巡っていると、面白い事に出会う事もあります。



今日紹介する地形もその一つです。



一見海外の風景の様に見えるのですが、日本にもあるんです。



しかも3か所!



『日本三大カルスト地形 - 平尾台・秋吉台・四国カルスト』



Desktop372.jpg




雨や風、地下水などで浸食され、地下に形成されていた岩石帯が地表に現れている地形がカルスト地形です。



地下に鍾乳洞があることも原因みたいです。





アメリカのイエローストーン国立公園が世界的に有名でしょうか。



クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園や中国の九寨溝、トルコのパムッカレ、などが他にあげられます。



そして、カルスト地形は日本にもあるのです。





福岡県北東部にある、平尾台(ひらおだい)



標高370m~710m



北九州市小倉南区、行橋市、田川郡香春町、京都郡苅田町、同みやこ町にわたります。



国の天然記念物に指定されています。





秋吉台(あきよしだい)は、山口県美祢市中・東部に広がります。



日本最大のカルスト台地で、北東方向に約16km、北西方向に約6kmに広がります。



標高180m~420m。



東側地域が秋吉台と呼ばれていて、特別天然記念物と国定公園に指定されています。





最も標高の高い約1,400mにあるのが、四国カルスト(しこくカルスト)で、愛媛県と高知県との県境に広がります。



東西に約25km。



夏には緑の草原、秋にはススキに覆われて、四季にわたって楽しむことができます。



牛が放牧されていて、岩石が動いた!?なんて錯覚をすることも??



県立自然公園に指定されています。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策