初詣に混雑は付き物?それとも回避?三大初詣先

日本一を探す旅。



いよいよ今年も残すところあと2日!



今年続けてきた「日本一を探す旅」は、来年ももう少し続けます。



まだまだ日本一があり、地域の誇りとなっているので、紹介しないわけにはいきません。



「日本三大○○」含め、もう少しお付き合いください。



さて、大晦日を前に気になるのが、初詣。



「今年はどこに行こう?



と、考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?



有名だけど混んでいる所に行くか?

地元密着型の混雑を避けられるところに行くか?



今回は、昨年の来場者数とインターネットでの検索ランキングを合わせた出された数字によって、上位3か所の初詣先をご紹介します。



『日本三大初詣先 - 明治神宮・伏見稲荷大社・川崎大師』



Desktop360.jpg




初詣でなくとも、多くの人が訪れる、有名な寺社がそろいました。



明治神宮



人出数 約316万人



毎年全国トップの初詣者数で、混んでいるのがわかっていても、初詣に訪れる人が多いのが明治神宮ですね。



明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としている、珍しい神社でもあります。





伏見稲荷大社



伏見稲荷神社として呼ばれることが多いのですが、こちらは旧称なんです。



人出数 約270万人



全国に3万社あるとされる稲荷神社の総本山です。



近所に稲荷神社があり、初詣は総本山に、という事で、集まる方が多いとも。





川崎大師平間寺



厄除けの大師として全国的に有名な川崎大師。



人出数 約300万人



真言宗智山派の大本山で、通年を通して多くの人が訪れます。



川崎大師というは通称で、山号は金剛山、院号は金乗院(きんじょういん)です。



そして名称は「平間寺(へいけんじ)」です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策