広大な耕地に点在の景観!三大散居村

日本各地に点在する日本一を探す旅。



日本一にも劣らないスポットが集まった「三大○○」。



散居村ってご存知ですか?



実は世界的にも、多くみられる居住形態なんです。



日本でも、古くから農家が多いため、平野では比較的一般的に見られる村の形です。



『日本三大散居村 - 胆沢平野・砺波平野・出雲平野』



Desktop359.jpg




岩手県奥州市 胆沢平野

富山県 砺波平野

島根県 出雲平野



「散村景観」として、教科書にも登場したのではないでしょうか。



基本的には、自然条件、土地所有や相続制度など古くからの環境によって成立したものですが、近代の開拓地で形成されたものも少なくはありません。



一般的にはその家系に由来したり、日本では特に相続されている場合が多いので、村の形成の起源はわかりません。



胆沢平野は、岩手県南部の胆沢川流域に広がる日本最大級の扇状地です。



そして「日本一の円筒分水工」があります。



「円筒分水工」とは、農業用水などを一定の割合で正確に分配するために用いられる利水施設です。



円筒状の中心部に用水を湧き出させ、円筒外周部に水が落下する際に一定の割合に分割される仕組みです。



これも、広い平野に農家さんが広く点在する散居村ならではの仕組みですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策