鉄の橋「銕橋」日本初のキッカケは天災

日本で一番を巡る旅。



日本での一番を特集しています。



今日は観光の名所にもよくなる「橋」です。



いろいろな形があって、風景に溶け込んでいる姿がとても画になります。



『日本で初めての鉄橋 - 長崎県 銕橋』



Desktop324.jpg




日本で初めてできた鉄の橋は「銕橋(くろがねばし)」



「鉄橋(てつばし)」の愛称で親しまれている、中島川河口から6番目の橋です。



「大橋」や「第十五橋」と木造橋が架けられていたのですが、幾度となく水害によって、流されたり大破を繰り返してきたのです。



キッカケとなったのは1867年の豪雨。



有志らの協力もあって、長崎製鉄所の鉄を使った橋を作ることになったのです。



1868年明治元年



日本で初めての鉄橋が完成したのです。



現在架かっているのは1990年に作られた三代目。



正式名称は「銕橋」なのですが、欄干には「鉄橋」と記載。



歩行者専用橋として、生活道路の一部として親しまれているのです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策