スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一大津SA、恋人の聖地にも

日本一を巡る旅。



日本で初めての、日本一をご紹介中です!



今日は、日本の血管がごとく張り巡らされている高速道路の憩いの場。



サービスエリアの日本初です。



『日本で初めてのサービスエリア - 大津サービスエリア』



Desktop319.jpg




NEOPASAといった、一大商業施設にもなっている現代のサービスエリア。



高速道路での休憩ではなくて、この施設利用を目的に訪れる人もいるくらいですね。



そんなサービスエリアですが、もちろん日本で初めての一瞬というものがあります。



それが滋賀県の大津サービスエリア。



初めてオープンしたのは、



1963年7月16日



名神高速道路の部分開通した際、同時にオープンしました。



当時の施設内容は、今の様に充実したものではなく、



駐車スペースとトイレのみ。



「名神高速道路起工の地」



の案内表示板が駐車場内に設置してあります。



2013年に、下り線施設が「PAVARIE (パヴァリエ) びわ湖大津」としてリニューアルオープン。



非常に奇麗な施設と、充実の内容になっています。



また、琵琶湖の眺めも良いこともあって、



「恋人の聖地」



にも選定されています。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策