麺喰いタウン日本一喜多方

日本一を探す旅。



観光には現地でぜひ食べたい一品がありますね。



そしてそれが地域の文化に根付いていると、もう巡らずにはいられません!



今日はブランドにもなっている一品を持つ地域が舞台です。



『人口一人に対して日本一ラーメン店が多い町 - 福島県喜多方市』



Desktop310.jpg




札幌、博多に並ぶ日本三大ラーメンの一つに名前を並べる喜多方ラーメン。



「蔵の街」



という一面を持っているのですが、それ以上にラーメンの方が有名になってしまいました。



日本各地にご当地ラーメンが増えている中でも、ぶれないのが長く人気を保つ秘訣なのでしょうか?



すっきりした透明度の高いスープ

太めの平ったい麺

バラ肉のチャーシュー



「昔ながらのラーメン」が喜多方ラーメンなのです。



もともと、醤油が喜多方の伝統産業だったことが、この醤油スープの由来になっています。



なので喜多方ラーメンの塩味やみそ味は、厳密には喜多方ラーメンではないというのが、喜多方ラーメン関係者の見解でもあります。



少し前から「朝ラー」なるものが出始めていますが、喜多方では当たり前!



もともと食堂に端を発する店が多いため、ごく普通に早朝から店を開け、ラーメンを提供していたようで、昭和60年代には始まっていた習慣だといいます。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策