スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLが最後に人を運んだ・・・

日本一を探す旅。



少し立て込んでおりまして、1週間でしょうか、空いてしまいました。



今日から再開です!



特集中の「日本最後の日本一」



今日は旅行では非常に大切な存在の一つが舞台です。



『日本最後の蒸気機関車、旅客列車 - 室蘭発岩見行き225列車』



Desktop271.jpg




最後の蒸気機関車牽引の定期旅客列車です。



1975年12月14日、日本国有鉄道(国鉄)の運行で、



室蘭本線225列車室蘭駅 - 岩見沢駅



が、最後の一本となりました。



現在もイベントや特別運行としてSLが走ることもありますが、定期ではありませんね。



当時沿線には約2万5千人もの人が駆け付けたと言われています。



このころから根強い鉄道ファンがいて、非常に多くの人が最終列車を見送りました。



この沿線は特にトンネルが多く、SLですのでトンネルに入ると、利用者は非常につらい思いをしたと記録が残っています。



私の両親も、SL時代を知っていますので、聞いてみるとトンネルでは煙が充満するので、まずは目が痛くなるといいます。



長いとせき込む人も出て、中には気持ち悪くなってしまう人もいたのだとか。



あれ?



最終はあの有名なD51じゃないの?



というわけですが、実はD51は広い北海道を高速で走るには、少々じゃじゃ馬だったらしく、馬力のあるD51ではなく、こちらのC57が通常だったそうです。



ちなみにこの225列車。



現在は埼玉にある鉄道博物館で保存されています。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策