川であって滝!日本一の激流常願寺川

日本一を探す旅。



ブラタモリでも度々注目される高低差。



タモリさんが他も認める高低差ファンであるのですが、奥が深いですね。



今日はそんな高低差が生む、川に注目してみます。



『日本一急な高低差を流れる川 - 常願寺川』



Desktop258.jpg




 「氾濫にならないよう常にお願いした」



という意味合いから常願寺川と名づけたといわれるほどの暴れ川。



富山県富山市および中新川郡立山町を流れ富山湾に注ぐ川です。



その源は富山・岐阜県境にそびえる北ノ俣岳(標高2,661m)



富山県の中央部をほぼまっすぐに日本海へと流れているのです。



源流の山間部から河口まで、



約3,000mもの標高差を

56km



で、流れる世界でも有数の急流河川となっているのです。



今から約100年前、治水対策に招いた政府から派遣されたオランダ人の技師のヨハニス・デ・レーケは、



常願寺川を見て



「これは川ではない。滝である」



と驚いたそうです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策