一気に日本一の高低差を!注意は高山病?駒ヶ岳ロープウェイ

日本一を探す旅。



ブラタモリでも話になる、タモリさんが大ファンである高低差。



街中には様々な高低差があって、いろいろな物語があるんですね。



今日は自然が作った大高低差!



実は高山病の注意も必要なくらいの高低差です。



『日本一高低差のあるロープウェイ - 駒ヶ岳ロープウェイ』



Desktop255.jpg




長野県木曽駒ヶ岳にかかるロープウェイです。



以前、日本一高い所にある駅として、駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅である千畳敷駅をご紹介しました。



その標高は2611.5m



ここを駆け上がっているのがこのロープウェイです。



高低差950m



先日新穂高ロープウェイが、高低差日本一とお伝えしましたが、あれは2つのロープウェイを乗り継いだ合計の高低差。



単体のゴンドラが登るロープウェイでは、駒ヶ岳ロープウェイが日本一となります。



高低差950mで、一気に2611.5mまで登るのですから、高山病の注意が必要です。



麓の菅の平は標高約850m



バスでしらび平駅に向かうのですが、この時点で1,662mです。



少しここで休憩して、体を慣らしてから行くことをお勧めしています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策