スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダムと魚道の長い日本一ピリカ?

全国の日本一を巡る旅。



今、観光業で注目を集めているダムを特集しています。



ダムってホント、同じ目的でも形が様々であったり、自然への配慮を考える工夫がいろいろと組み込まれていて、奥深いですね・・・



今日の舞台は、長いダムです!



『日本一長い・魚道が長いダム - 美利河ダム』



Desktop242.jpg






北海道瀬棚郡今金町美利河地先、一級河川・後志利別川本川上流部に建設された特定多目的ダム。



後志利別川本流では唯一のダムになっています。



重力式コンクリートダムとロックフィルダムの複合式で、この2つの形で作られたダムを合わせて



堤頂長(ダムの長さ)1,480m



ダムの高さは40m



美利河と感じでは書きますが、



カタカナで「ピリカ」と呼ばれることが多く、ダム湖は「ピリカ湖」と呼ばれます。



カタカナ表記のダム湖も全国的に珍しいものです。



そして、平成17年には回遊魚を対象に魚類の遡上・降下の為の魚道が整備されました。



ダム湖を迂回していて、




その長さは約2,400m



これも日本一を誇っております。



面白いのは、階段式魚道の一部には観察窓が設けられ、
季節によりヤマメ、ウグイ、アメマス、アユの姿を見ることができるのです。



そのためか、ダムによる水質汚染を心配されるのですが、この美利河ダムでは非常に良質な水質も保っているのです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策