スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の伝統を新施設で!歌舞伎座@ロンリープラネット東京

世界シェアNO,1ガイドブック、ロンリープラネット。

Lonely planet



最近人気が急上昇の本場は、しっかりロンリープラネットに掲載されています。



数々ありますが、お祭りと違って季節や時期に縛られないのは、確かに受ける理由にあるかもしれません。



歌舞伎座



DSCN2952 - コピー




 
Established in 1889, Tokyo's designated kabuki theater reopened in 2013 after a lengthy reconstruction. the new building, designed by architect Kuma Kengo, had a traditional facade but its scarlet and gold interior is thoroughly modern. A full kabuki performance comprises several acts (usually from different plays) and lasts several hours. Tickets can be purchased on the website, in English. Be sure to rent a headset for blow-by-blow explanations in English, and pick up bento for the long intermission.



It may be possible to buy same-day, single act makumi tickets, though only for seats in the upper tiers.




多くの外国人がイメージする日本には、この歌舞伎があります。



最近では海外公演なども行われて、その知名度と認知度が上がっています。



それを本場で見ようというのは、当然のことですね!



最近は英語解説のヘッドセットを貸してくれるんですねぇ~



歌舞伎も国際化しているのでしょうか(笑



DVC00006 - コピー






新しくなった歌舞伎座は、駅と直結しています。



今の歌舞伎座の地下は、こんなことになっているんですね。



ここは固定されたお店はなく、一掃してかたずけることができます。



かたずけると大きなホールになり、災害拠点として多くの人を受け入れることもできるんですね。



日本独特、そして歌舞伎座ならではの商品が並んでいました。



DVC00004 - コピー




一度外に出てみれば、真っ白になった歌舞伎座が。



写真は去年のやつです。



こっちのほうがやはり奇麗なので!



個人的には、少しあの鳳凰がちゃっちく見えるのですが、いかがですか?



一緒に行った方は「ポケモンにいそう・・・」とボソッと。



中に入るその時点でチケットがいるとのことですので、ちょっと拝見と、言うわけにはいかないのでご注意ください。



ただ、上階、展示階と庭園には自由に行けるので、ぜひ行ってみてください。



ロンリープラネットには載っていないのですが、



屋根瓦の逆鳳凰



は、必見です。



DVC00007 - コピー




もちろん、実際に見るからこそご利益があるもの。



ここにはありません!あくまでもヒントの写真です!





やはり人気もあるので、一概に外国人の方が多い!とは言えません。



しかしこれだけ興味を持っていただけるのには、誇りに感じますね。



歌舞伎も必ずしも東京の歌舞伎座でのみ開催という事はないので、多くの方に楽しんでもらえたら嬉しいですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策