スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知る人ぞ知る最恐マシン鷲羽山ハイランドスカイサイクル

日本一を探す旅。



「遊園地に求めるものは何ですか?」



今日もこの質問からいってみましょう!



と、言っても、今日は一味違うスリルを求める事が出来るマシン「?」をご紹介します。



『日本一絶景を望めるスカイサイクル - 鷲羽山ハイランド スカイサイクル』



Desktop231.jpg




もう写真でだいたい伝わってしまいますかね?



駐車場につくと、ジェットコースターと混ざって、一回り細いレールが見えるんです。



正式名称「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」



通称「鷲羽山ハイランド」はブラジルサンバショーが朝昼夜問わずに行われている、「ブラジル」がテーマの遊園地。



園内は見晴らしがよく、「瀬戸大橋が見える遊園地」というキャッチコピーがある通り、瀬戸内海および瀬戸大橋が眺望できます。



その感じとは違って、数々の絶叫マシンと観覧車、バンジージャンプ、お化け屋敷、プール、アイススケートと、アトラクションの種類は多彩。



その中に異色を放っているのが、スカイサイクル。



結構あちこちにありますよね?



レールの上を自転車みたいな乗り物で、自分で周回する乗り物です。



決して「絶叫」とは違い、優雅な乗り物のはずなのですが。。。



高さ16m



スカイサイクルの特徴でもあって、足元もスケスケ!



ベルトもついてはいますが、体の固定はできません。



まさしく「放り出される感じ」です。



そして強制的に連れていかれるのではなく、自らがペダルをこいで進むわけです。



さすがの私も、下半身がウズウズしました(笑



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策