歴史の節々を眺めてきた日本一の彫刻興福寺

日本一を探す旅。



今日は古代から中世にかけて壮大な力を誇ったお寺が舞台です。



日本の歴史を語り継ぐ数々の遺産たち。



ご先祖様たちが必死に守ってきたものが・・・



『日本一国宝彫刻の数がある施設 - 興福寺』



Desktop220.jpg




奈良県にある、「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産に登録されている興福寺。



歴史の節々に必ず出てくる、藤原氏によって建立されました。



実は確定されてはいないのですが、興福寺の前身にあたる寺院を、藤原鎌足の病気平癒を願って建立された「山階寺(やましなでら)」から始まり「廐坂寺(う
まやざかでら)」に移ったと言う言い伝えがあります。



今のところそれらの所在の確認ができておらず、その痕跡でも発見されれば、非常に注目を浴びるニュースになること間違いありません。



この興福寺。



日本一になっているのが、国宝に指定された彫刻の数。



度重なる戦乱による消失や、落雷、天災による被害で、何度も再建を繰り返してきているのですが、そのたびに守られてきた彫刻たち。



国宝指定の建造物は少ないのですが、彫刻の数は



17体



明治維新後の「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」の嵐のため、失われたものも多くあるそうです。



日本にも、残念な歴史というのはあるものですね・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策