スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ謎多き!日本一の歴史宝庫法隆寺

日本一を探す旅。



今日は日本の歴史を辿る上で、様々な「痕跡」を残す場所です。



まだまだ研究中で、すべての解明はいつになるかわからないとか・・・



『日本一国宝建造物と国宝彫刻が多い施設 - 法隆寺』



Desktop219.jpg




言わずと知れる、奈良県にある聖徳太子ゆかりの寺院です。



建築物群と法起寺共に、1993年に



「法隆寺地域の仏教建造物」



としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。



建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財が残されています。



現存しているものは、聖徳太子の時代のものではなく、7世紀~8世紀ごろに再建されたものとなっています。



発掘調査によって、もともとの痕跡が見つかっているんですね。



日本書紀などの歴史書によって、幾度かの焼失と再建がされてきているのですが、細かな詳細の記載もなく、時期や経緯が不明確なものが多いのです。



特に彫刻に関しては、歴史書にすべての記載があるわけではないので、まだまだ今後の調査がカギとなるわけです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策