ホテルか旅館か?世界最古のホテルは慶雲館

日本一を探す旅。



今日は日本が世界に誇る宿泊施設をご紹介します。



賛否両論あるところが、また歴史を感じさせてくれます。



『日本・世界最古のホテル・旅館 - 山梨県 慶雲館』



Desktop184.jpg




慶雲2年(705年)に、川の岩の間より湧き出る温泉を、狩猟を行なった藤原真人が発見。



険しい山道を切り開き、湯壺を造営して開湯したのが始まりとされています。



武田信玄や徳川家康の隠し湯として利用されたとも言われています。



慶雲時代に作られたことから「慶雲館」と命名され、現存している温泉旅館としては日本最古となっています。



また、ギネス登録認定もされ、世界一となったのですが、



「世界一古い“ホテル”」



と、登録され、新築された建物と合わせ、ホテルなのか旅館なのか?と、お客様を悩ませる一面もあるのです。



現在の建物は、私が見たところでも、洋風と言っても良いくらいで、「旅館」と言われるとイメージされる日本の風景は、大変失礼ですがそうは見えませんでした。



私がもう一つの研究としているロンリープラネットにも、掲載はありません。



そして議論されるのが、



日本最古の温泉旅館=日本最古の温泉



ではないと言う事。



日本最古の温泉としては名前を並べる事は無く、あくまでも旅館としての事。



もちろん日本最古の温泉は別にあり、比べてしまうと、足元にも及びません。



では、建物に歴史を感じる事は無く、温泉もさらに古いものはいくつかある。



議論を始めると、たくさんと意見が出てきそうですね。



だからこそ、楽しいのですが!!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策