スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行でこんな山まで!ガイドブックに大岳山1266m@lonely planet 東京

世界シェアNO.1ガイドブックlonely planet ロンリープラネット



前回から、都市イメージの強い東京都が覆される様な緑を誇る奥多摩地区を紹介。



その中から御岳山を取り上げました。



日本人ですと、ビアガーデンの人気もあって、高尾山は行ったことがあるかもしれませんが、御岳山まで足を伸ばす方は、そこまで多くないのではないでしょうか?



しかし、ロンリープラネットでは、御岳山の先、大岳山まで掲載しているのです。



日本で売られている、日本人向けガイドブックには掲載されていません。



日本人の見る東京と、外国人の見る東京の差が出ましたね。





DSCN2716 - コピー




“If you've got time, the five-hour round trip hike from Musashi Mitake-jinja to the summit of Otake-san (大岳山;1266m) is higly recommended.”



highly recommended つまり「非常にお勧めです」

と言っているのです。


1266mの山を、旅行のプランに入れて、行く方はどれくらいいるでしょうか?



山好きな方を除けば、まずはいませんよね。



実際に私が行った時も、外国人の方とすれ違いました。



lonely planetに掲載されているだけではなく、実際に登っている人がいるのです。



DSCN2636.jpg




その道は、御岳山を抜けるので、この東京都とは思えない緑の中を突っ切る事になります。



DSCN2634.jpg




ちょっとした滝もあります。



「自然を楽しむなら!ぜひ○○へ!!」


と、売り出している地域にとっては、頭を抱えたくなる風景なのは、コンサルタントの私も同感です。



正直言って、比べられるとたまりません。



DSCN2710.jpg




こうしてみると、やはりこの「ギャップ」というのは脅威です。



考えてみると、日本一高い山、富士山でさえ、外国人の方から見ればちょっとした山。



地域によっては3000mで生活している人もいるわけです。



旅行ついでに1266mの山登るか!



なんて会話も成立してしまうのでしょうか・・・??



「東京の都市部とは違うイメージを上手く突く」


そんな印象を受けました。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策