沸かすのは大変!日本一の鉄瓶

全国各地の日本一を探す旅。



思いがけない所に日本一があるもので、面白い旅のネタになります。



今日もその一つ。



南部鉄器は、みなさんご存知ですね?



岩手県で作られる、経済産業大臣指定伝統的工芸品の一つ。



伝統工芸士21名、74の事業所で作られたものを示します。



そんな南部鉄器の日本一の一品がこちらです。



『日本一大きな鉄瓶 - 水沢江刺駅にある南部鉄器』



Desktop161.jpg




岩手県奥州市の東北新幹線の駅、水沢江刺駅。



駅ターミナルに、日本一大きな鉄瓶がおいてあります。



直径2.5メートル、重さ1.8トン



南部鉄器を作る時は、木型を使って成形するのですが・・・



だからこそ、この大きさが限界なのかもしれませんね。



「南部鉄器」と言うと、岩手県の奥州市と、同じく盛岡市の2つの名前があがります。



実はこの2市の鉄器。



まったく違う歴史を辿ってきているのです。



奥州市の南部鉄器は岩手県の南側にあるので南部鉄器

盛岡市の南部鉄器は南部藩由来の南部鉄器



受け継がれてきている家柄も違い、調べると非常に奥深いです。



今回は全部は書けません!!



宿泊施設はありませんが、新幹線の駅ですので、比較的アクセスはいいので、ぜひ足を運ばれてみてください。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策