1回しか担がれていないお神輿!?富岡八幡宮

全国の日本一を探す旅。



日本のお祭りは外国人にも大人気。



その中で特に注目を浴びるのが、お神輿や山車と言った「輿」です。



普段は神社にいる神霊が氏子町内、御旅所などへ渡御するに当たって一時的に鎮まるとされる輿を指します。



そんなお神輿なのですが、大きすぎて担がれないものがあるのです!



『日本一大きなお神輿 - 富岡八幡宮神輿』



Desktop158.jpg




東京都江東区にある富岡八幡宮。



大相撲の発祥として有名ですね。



ここに、日本一のお神輿が。



御本社一の宮神輿



あまりにも大きく、平成3年に初渡御が行われただけで以後は神輿倉の展示品として扱われているのです。(写真左下)



台車幅 5尺 1m51cm

屋根幅 9尺5寸 2m89cm

高さ 14尺5寸 4m39cm

重量 4.5トン



写真では伝わりにくいですが、デカいですよ(笑



しかし、担げないでは、お祭りで困るので、実際には御本社二の宮が活躍しています。(写真上)



重量が半分以下の2トンに抑えられています。



担がれている姿は二の宮。



それから日本一大きな一の宮を見てみてください。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策