lonely planetはナゼそこへ?世界シェアNO.1が見る日本

lonely planet

ロンリープラネット



圧倒的な情報量で、他のガイドブックの追随を許さない、正しく世界NO.1シェア。



世界的に有名で、ほとんどの国で売られているのではないでしょうか。



創設40年を経て120か国以上・650以上のタイトルを出版しています。



DSCN2691 - コピー




日本に旅行に来ている外国人の方々の手元を見てください。



私が見る感じでは、ほぼすべての方がこの本を手にしています。



それもそのはず。



2013年時点で、すでに世界シェア25%



モンスター級のガイドブックとなっています。



「地球の歩き方」なんて足元にも及びません。





と、ここで、最近テレビでも取り上げられますが



「外国人が入るお店と、日本人が入るお店は全然違う!」

「こんなところが、外国人に人気!ナゼ!?」

「日本人が行かないようなところが、外国人だらけ!?」



なんて言われます。



これは・・・



外国人旅行者のバイブル的存在
lonelyplanetに謎が隠れているのでは?


またこの本には、交通情報や観光地の話ばかりではなく、中立な立場で地域の歴史や文化、マナーまで事細かく記載されています。



より多くの知識を持ってその地へ行くことで、さらに奥の深い旅を実現できると言うわけです。





そこで、観光コンサルタント石田宜久





その謎を解明してみようと、研究しています。



幸いなことに、全国各地にお仕事で行かせていただいています。



分厚く、少々重い本なのですが、探究に出かけています。





ブログに少しづつですが、綴っていこう!





こおゆうわけなのです!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策