スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民教育の原点!最古、閑谷学校

日本一を探して巡る旅。



今日はみなさんも行ったことがある学校の日本一です!



そもそも最初の学校とは?



昔の学校と言われる施設は、お寺と言うイメージがあります。



「学校」となったのはいつで、どこから何でしょうか?



『日本一古い学校施設 - 岡山県 閑谷学校』



Desktop118.jpg




岡山藩主、池田光政によって開設された庶民の為の教育施設。



それが今の学校とされています。



それまでは、「藩士」が通う“藩校”というのが一般的でした。



武士だけではなく、地方の指導者育成には庶民の教育も必要だと考えた池田光政は、広く門を開いた庶民学校を作ったのです。



今では、建造物のうち、



講堂が国宝

小斎・飲室・文庫・聖廟・閑谷神社・石塀など24棟が国の重要文化財

周辺の津田永忠宅跡及び黄葉亭などを含め、国の特別史跡



に指定されています。



そして2本の巨大な楷(かい)の木や周辺のもみじが美しく、秋の紅葉名所です!



昔から今も庶民が楽しめるスポットとなっているのです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策