スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で一番昔から水を大切にしてきたやつ

四季がある日本。



ここまできれいに四季が分かれているのは、世界でも珍しく、これが美味しい食材を育て、自然を育てているんですね。



そんな四季がある日本ですが、天候が変わる事で、時々確保が難しくなるものがあります。



水。



日本は水資源に恵まれていますが、それでも水不足という事態は、毎年心配されます。



そこで活躍してくれるのがダム。



今日はそんなダムのお話です。



『日本一古いダム - 大阪府 狭山池』



Desktop68.jpg




大阪府狭山市にある、ダムによってできたため池が狭山池です。



その名前は「古事記」・「日本書紀」に出てきており、7世紀前半に建造されたとされています。



もちろんそれだけ古いものですので、各時代ごとに改修が続けられてきているわけですが。



平成の大改修ということで、周辺が公園整備され、博物館で、その歴史と古いダムが展示されています。



2004年には



「日本最古の狭山池から天野街道を巡るみち」



として、



『美しい日本の歩きたくなるみち500選』



2010年には農林水産省の



『ため池百選』



に、選定されています。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策