市になれるのに町でいる日本一の町

今日は、以前、人口が多い町として紹介した、広島県府中町の再登場です。



人口が多くて混んでいるわけではなく、住みやすいから人が集まるんですよね。



住みやすいってことは、政策もいいのかもしれません。



ただ、人口が多くて、面積に対して、これはどーなのかと言うと・・・



人が多すぎ!と言われても完全否定は。。。



『日本一人口密度の高い町 - 広島県府中町』



Desktop34.jpg


「府中」とは「国府」に由来した地名で、日本各地に点在しました。


私の地元も、東京都府中市。


今では旧称となっている地が多くて、現存するのは非常に少なくなっています。


その一つが広島県府中町です。


日本一の石燈篭がある町でもあるんですね。


オオムラサキの里があったりと、自然も充実。


一件、人口が日本一多いとは思えない、そんな風景が広がっています。



こんな広島県府中町。



戦前は人口10,000人にも満たない町だったのですが、戦後、広島市のベッドタウンとして休息に宅地が進みました。



1987年には50,000人を突破。



現在に至るまで、維持されていると言うわけです。



と、言う事で、単独の市制になる条件を満たしているんですね。



市制執行が検討されているのかも、私は知りませんが、計画はあるのでしょうか?





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策