人が少ない事を+にする、鳥取県

日本一を探す旅。



これまで人口の多い県、そして市町村をご紹介してきました。



日本一という記録を持ちながら、名前を聞いてもピンとこない地名も、実際にはあったのではないでしょうか?



そして今日は、日本一人口が少ない県です。



「少ない」というのは、マイナスな事なのでしょうか・・・?



『日本一人口の少ない県 - 鳥取県』



Desktop36.jpg


中国地方の日本海側。


面積は全国で7番目に小さく、豪雪地帯としも知られていますね。


「人口が少ない」と言うのは、確かに行政的には大変な部分があるのは否定できません。


しかし鳥取県の財政という面を見てみると、必ずしも大変というわけではありません。


それは、イメージが出来るかもしれませんが、非常に豊富な観光資源がある県なのです。


例えば、自然公園を例にあげても、


国立公園

大山隠岐国立公園

山陰海岸国立公園


国定公園

氷ノ山後山那岐山国定公園

比婆道後帝釈国定公園


県立自然公園

三朝東郷湖県立自然公園

奥日野県立自然公園

西因幡県立自然公園

を有しています。



好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか?



松葉ガニ

岩ガキ



の名産地です。



また、スターバックスやセブンイレブン、ドン・キホーテといった有名店が出店していない県として、テレビでも露出され、その新鮮さを求める観光客も実際にいるほどです。



ちなみに、スターバックスは、2014年時点で、唯一の未進出都道府県となっています。



2015年の夏に、JR鳥取駅前に、鳥取第一号店を出すとも言われています。



多くの人が見慣れたお店が無い光景も、非常に価値があります!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策