スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市・町ときたら、日本一大きい村は??

日本一を探す旅。



日本一大きい市・町、と紹介してきました。



すると、村を忘れてはいけませんね。



行政区の合併が相次ぐ世の中、村が激減している日本です。



それでも、厳密には「町」と「村」の区分けはなく、非常に大きな行政区でも「村」としている場所はいくつかあります。



それでは、日本一大きい村は・・・



『日本一面積の広い村 - 北海道留別村・奈良県十津川村』



Desktop28.jpg


 

2つあげました。



留別村は、現在北方領土に指定されていて、実質的な行政活動は行われていません。



北海道にある村という単位を含むならば、留別村が日本一広い村となります。



実質、実効支配区である村は?と言うと、奈良県の十津川村。



幾度か合併を繰り返してきましたが、村として今も存在しています。



その大きさ、



東京23区よりも大きいんです!



村の中心部を十津川が流れ、シンボル的なつり橋がかかっています。



2011年9月3日、台風12号による集中豪雨により、広範囲で土砂崩れおよび河川の氾濫が発生。



同じ月の29日時点で5人が死亡、7人が行方不明という災害で聞いたことがある名前かもしれません。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策