夢をジャンボにのせて・・・最初は死者も!?

季節の節々に発売される、『ジャンボ宝くじ』。



みなさん、年末ジャンボ宝くじは買いましたか??



今年のは、先週19日金曜日で発売が終わってしまいましたが、まだまだ来年も続くわけですが。



そんな夢を集めるジャンボ宝くじですが、今は、「当選する店舗」「当たり易い店舗」など、回を重ねるごとに、こんな高額当選に近い店舗があります。



それを求めて、人が一旅する時代にもなりました。



例えば今回の年末ジャンボ。



銀座のチャンスセンターには、今回も、北は北海道、南は広島(テレビでやっていた限り)、遠方からわざわざ買いにくる人もいました。



東京以外にも、福があるお店はあるのですが、やはりそこにかける信念はすごいものがあります。



こんな宝くじの歴史が始まったのが、



『1976年12月21日 - 初のジャンボ宝くじ発売。売り場に購入客が殺到して2人が死亡し、これにより翌年から予約制となる』



ginzatyannsusenta-.jpg


今でこそ当たり前になったこの行列の風景。



当時では荒れたでしょうね・・・



ただこれで考えさせられるのは、今日本が進めているカジノ事業計画。



絶対にまずいですよね。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策