古都京都が世界に羽ばたいた

日本の観光地というと、どうしても外せない存在があります。



日本人なら必ずと言っていいほど、行ったことがあるのではないでしょうか?



修学旅行・卒業旅行・家族旅行



四季にわたって様々な表情が見られます。



そんな地が、世界の観光地へとなったのです。



『1994年12月15日 - 清水寺・平等院などの「古都京都の文化財」が世界遺産に登録』



Desktop22.jpg




まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが、



最初から世界の認知があったわけではありませんね。



あ、よく間違わられるのですが、「京都」は世界遺産ではありません。



京都にある神社・寺院が世界遺産なのです。



とはいえ、観光の為に世界遺産があるわけではありません。



世界遺産登録の本心は、観光客を“減らす”“保護する”事です。



今の日本の世界遺産に対する考え方は間違っているんですね。



「正しく」訪れて、楽しんでください!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策