毎年ヒヤヒヤ、「京都」の名が付く・・・

観光業にとっては、最も影響のある協議ではないでしょうか?



1997年 12月11日



気候変動に関する国際連合枠組での条約、『京都議定書』が採択された日です。



kyoto.jpg




地球温暖化の原因になる、二酸化炭素や様々なものを、先進国が目標と掲げる削減率を1990年を基準として、目標値を達成しようと決めたわけですね。



丁度現在、ペルーでCOP20が開催されています。



CO2削減については明言しなかった日本ですが・・・



延長と更新の審議がされていますが、やはり先進国の参加が少ないため、いろいろと問題になっていますね。



特に、CO2排出量が非常に多い中国が参加しなければ少々いたいのですが・・・



さて、もちろん観光業界にも多大なる影響が出る京都議定書。



業界の中では、(特に海外の航空会社)では、毎年ヒヤヒヤしています。



それはジェット機のガソリン。



今でも燃油サーチャージとして、料金をかけるようになっていますが、あれ、ただ値段がかかるからだけではないんです。



あのガソリンはそれなりのCO2排出量になり、京都議定書では、「燃料を提供した国に加算される」となっています。



つまり、値段が高いうえに、対策を取るためのコストもかかってしまうんです。



そのため、旅行者にとっては燃油サーチャージは高い物になってしまいますし、提供国にとっても余計なプラスが付いてしまいます。



また、京都議定書にジェット機のガソリンに規制がかかってしまうと、いくつの航空会社に負担がかかるかわかりません。



飛べなくなってしまう会社もあるでしょう。



そのため、京都議定書の延長と更新の話題には常に関心をいだいています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策