宇宙へ行くことが、特別でなくなるまで・・・

「はやぶさ2」の発射は延期に延期を重ねて、いつ飛ぶか!?という話になっています。



天気の影響じゃしょうがないですが・・・



今や宇宙にどれだけいることで、人体に及ぶ影響とは?という研究がされています。



『1990年12月2日 - 日本人初の宇宙飛行士、秋山豊寛さんを乗せたソ連のソユーズTM11号が打ち上げ』



akiyamasannsoyu-zu.jpg




当時はTBSの記者だった秋山さん。



宇宙空間で取材を行った記者としては、世界でまだ秋山さんだけなんですって。



本当は毛利さんが飛ぶ予定だったんですが、それ以前にあったシャトルの事故により秋山さんの方が先に飛ぶ結果になったんです。



地球帰還後は、TBSの報道部次長になったり、コメンテーターを歴任。



現在は京都造形芸術大学の芸術学部教授です。



これからは宇宙へ普通の一般人が飛ぶような時代が来ます。



着々とその準備は進んでいます。



それが将来的には、宇宙ステーションに移住したり、もしかしたら月や火星に住む日がやってくるかもしれませんね。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策