何百年も支えるモノ作り、大工さん

日本の観光資源の中で、非常に強さを発揮する一つに、建築技術があげられます。



世界では早くから、コンクリートや製鉄の技術があったり、日本ほど自然災害が多くないなどと、基本型で作り上げられている建築物が多く存在します。



もちろん素晴らしいものは、世界各地にありますよ。



サクラダファミリアはその最たるものですね。



ところが、世界から見た場合、日本の家々から神社やお寺。



築何百年という建築物が、地震と台風が多発する地域で残っているのは、日本だけなんです。



そんな技術を伝え続ける大工さん。



今日、11月22日は『大工さんの日』



dakunohi.jpg


クライミングウォールの施工も大工さんのおかげですね。



11月は「技術尊重月間」であって、、「十一」を組み合わせると「士」となり「建築士」。



22日は大工の神様とされる聖徳太子の命日(622年2月22日)であること。



「11二二」を組み合わせると、22はニ本の柱を表わし、ニは土台と梁あるいは桁を表して軸組合の構造体となり、11月22日が大工との関係が密接であることから決まりました。



日本建築大工技能士会が1999(平成11)年に制定です。



私の親族にも大工さんがいますが、礼儀から技術から、叩き込まれてます。



荒いイメージがありますが、その腕は繊細で、「これぞ技術」というものがそこにはあります。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策