3時間で何が出来るか?停電のディズニーは

『2004年10月22日午後3時ごろ - 東京ディズニーシーの全域で大規模な停電』



teidenndexizuni-.jpeg




特に今日がなんなの?って事はないんですが、対応がさすがって思えるので、今日の出来事にディズニーシーの大停電を取り上げました。



園内のアトラクションは運休。



ほとんどすべての機能が停止しました。



午後10時の閉園時間が、点検などを考え4時間も繰り上げて午後6時に閉園。



シーに入園していたゲストへは、払い戻しか、時間の入園が無料になる優待チケットが配られました。



また、同日使える、ディズニーランドへの無料入場券を発行。



移動に使うリゾートラインに無料で乗れることになったんです。



対策自体はよくありそうなんですが、興味深いのはこの対応のスピード。



当日も普段と同じように多くのゲストが訪れており、混雑。



しかし、午後3時に停電。



午後6時に閉園を決定。



つまりこの3時間の間に、これだけの対応をするのはなかなか大変ですよ!



払い戻しも、ただ払えばいいわけではないですし、優待チケットの用意もしなければいけません。



結果、暴動も混乱も起きなかったそうですよ。



ディズニーってホスピタリティ、ホスピタリティって言われますけど、それは違いますよね。



ここまでなってくると、これは神業。



人間、少しでも思ったことと違うと怒りを覚えます。



しかしこれだけの人数が相手に、対応しきったあたり・・・



「ホスピタリティ」とか「おもてなし」ではなく、あくまでも、



「当たり前」



の対応をし、誠意をしっかりと伝えきれたと捉えていいのではないでしょうか?



とは、いえ、実はちょくちょく停電しているディズニー。



設計上、一つの電気系統をいくつかのアトラクションが使っているので、全アトラクションが止まってしまうのは、滅多にないことだそうです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策