いざ戦いの地へ!日本の戦国時代を振り返ると【川中島の戦い】

憲法第9条がノーベル平和賞の候補になるなど、日本は「平和」というものに対して非常に力強く訴えている国です。



それに対して、不安をよぎらせる国会の動きもありますが・・・



そんな平和を主張する日本にも、「戦国時代」という歴史がありましたね。



その戦国時代の中でも、ほとんど方が耳にしたことがあるであろう戦いがあります。



『1561年10月18日(永禄4年9月10日) - 川中島の戦い: 八幡原の戦い』



kawanakajima.jpg




北信濃の支配権を巡って、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いを指します。



その数次あった戦いの中で、最大の激戦となった第四次の戦い。



これが現在の長野県長野市南郊、川中島を中心に行われたことで、総称して「川中島の戦い」と呼ばれる様になりました。



厳密には第五次まであったとされていますが、五次は双方にらみ合いで撤退とされており、戦い自体はなかったそうです。



歴史を辿ると言うのは、観光業ではベースとして活用されていますね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策